工作機械

製造業大国日本にとって、金型と並んで大事なものが工作機械です。

 

工作機械とは、主に金属の材料を切ったり削ったり、形を変えて部品を加工して作る機械です。

 

昔は人間の手によってサイズを調整していましたが、今日の工作機械は全てCNC(コンピューター*)制御によって動かします。

 

人間が一度そのプログラムを作れば、あとは材料を補給したり、出来上がった製品を取り出すロボットと組み合わせれば、工作機械が永遠に部品を作り続けてくれます。

 

 

2020年工作機械業界シェアランキング

 

1位 トルンプ 5.45%(ドイツ)

2位 DMG森精機 4.01%(日本)

3位 通用技術集団 3.81%(中国)

4位 アマダ 3.06%(日本)

5位 シューラー 2.18%(ドイツ)

6位 斗山マシンツールズ 2.06%(韓国)

7位 JTEKT 1.57%(フランス)

8位 オークマ 1.51%(日本)

9位 牧野フライス製作所 1.42%(日本)

10位 グリーソンワークス 1.04%(米国)

 

 

戦後生まれの日本のメーカーは、それまで欧米の工作機械メーカーしかなかった市場にて製品精度を上げてシェアを伸ばし、例えば日本のトップ、森精機はドイツの老舗であり、日本メーカーがずっとお手本としてきたDMG(ギルデマイスター)を吸収合併して現在世界トップ。

 

現在は中国が台頭してきて国としては世界トップですが、日本も約2割のシェアで世界第2位です。

 

また、工作機械に取り付けられて制御するCNC(コンピューター*)においてもファナック、三菱、安田などの日本勢が強く、ファナックはロボットと共に世界一です。

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...