地雷除去機

人道支援目的の地雷除去機で、世界トップシェアを誇る日建。同社の雨宮会長は、「技術者は常に挑戦者でなければならない」と語り、後に続く若者たちに、自らの背中を見せ続ける。

 

地雷は、その上を人が通ると爆発する「対人地雷」と、戦車などの破壊を目的とする「対戦車地雷」に分けられる。日建の対人地雷除去機は、油圧ショベル先端部分にアタッチメントを取り付け、カッターによって地雷を爆破・粉砕する

 

サウジアラビアとイランが国交を断絶し、北朝鮮が水爆実験に成功したと発表。2016年は穏やかでないニュースから始まった。

 

戦後70年。見事な復興を遂げた日本は、「平和であること」が「当たり前」になった。だが、海の向こうでは戦争やその爪痕に苦しんでいる人が大勢いる。地雷は世界中に1億個以上残され、犠牲者のほとんどは民間人だ。

 

20余年前、当時47歳の雨宮清氏(日建会長)は、カンボジアで地雷の被害を受けた老婆に遭遇した。「助けてください......」。悲痛な訴えと衝撃的な現実が、壮年エンジニアを揺さぶった。

 

「見て見ぬふりはできない。どうしたら、我々が人助けをできるだろうかだけを考えた。相手は爆弾。知識もなかったけどね」

 

挑戦はゼロから始まった。

 

雨宮氏は15歳のときに東京へ出て、建設機材の修理工として下積みを開始。1970年、23歳で山梨に戻ると同時に独立。油圧ショベルをはじめ建設機材を販売する「峡東車両工業所」(現・日建)を立ち上げた。1980年代になると事業は軌道に乗り、建機の海外販売を始める。

 

1994年、さらなる取引国拡大のためカンボジアを訪れた。そこで目にする光景は、日本と明らかに“違う”。

 

「内戦が終結し、人々がタイの国境から故郷であるバッタンバン州へ帰ろうとしても、開墾しようとすると、地雷に触れて手足を失ったり亡くなったりする状況でした。そのような状況なので、プノンペンに逃れる人々が絶えなかった。しかしそこでも、食べ物がなく、生活を得るために物乞いをするという負の連鎖がはびこる......」

 

戦争と地雷で、生活を奪われている人々がいる現実。

 

「どうにかして人助けをしたい」

 

困った人がいたら助けるという信条と、建機を扱う会社の経営者という立場から思いついたのが地雷除去機の開発だ。帰国早々、社員に思いを伝えると、共感した者たちで対人地雷除去機開発プロジェクトチームを結成した。

 

「自分を含めて7名。プロジェクトに関わる者には、命がけの開発になるからきちんと家族と相談するように指示しました」

 

開発の過程では、地雷原にも足を踏み入れなければならない。

 

「『俺から10m離れて、俺の足跡を踏んでついてこい』。チームメンバーにはこう伝えていました。そうすれば、もし私が地雷の被害にあったとしても、メンバーは巻き込まれないで済む」

 

長期滞在したカンボジア国でマラリアにかかったこともあれば、食料が手に入らないこともあったという。

 

「人を助けるためには、命をかける必要がある」

 

寝食も忘れ、対人地雷除去機開発に力を注ぐ。7名で始まった開発。大変だったことを挙げるとキリがないと振り返る。

 

世界には、1億個以上の地雷が埋設されており、地雷により手足を失った人たちが約50万人も存在する

 

現地の課題に応えて改善

 

対人地雷除去機開発は通常業務と並行して深夜や早朝に進め、第一号機導入を決めていたカンボジア国へは繰り返し足を運んだ。その過程で見えてきたのは、カンボジア国ではジャングルに地雷が埋められていること。つまり、木を伐るところから始めなければいけない。

 

「油圧ショベルの先にブッシュカッターを付け、木を刈り込めるようにしました。その後で地雷を爆発させて除去します」

 

地雷除去と一口に言っても、地雷原の状態はさまざま。現地を訪れては、その国が欲しているものは何かを探る。第一号機は、カンボジア国のためにつくったとも言える「ロータリーカッタ式対人地雷除去機」だ。

 

爆発の際の熱風や衝撃への耐久性、切削性などの基準テストをクリアし、カンボジア国に納入する運びとなったが、次なる問題に直面した。

 

「『武器輸出三原則』という武器輸出規制に触れるという指摘をされてしまいました」

 

雨宮氏らは「人道支援目的」であることを表明し、苦労の末に認可を得た。そして2000年、世界で初めての油圧ショベル型の対人地雷除去機をカンボジア国に納入した。

 

2016年現在、日建が開発した対人地雷除去機は11種類。カンボジア、ベトナム、コロンビア、アフガニスタン、アンゴラ、ニカラグアなど9ヵ国に納入している。それぞれの国・地域が欲しているものに合わせてマイナーチェンジを繰り返してきた。累計台数は113台にのぼる(2016年5月時点)。

 

「これは人道支援目的の地雷除去機として、世界トップのシェアです。多くの国から引き合いがくるようになり、販路を開拓していきました。当社が開発した対人地雷除去機が、世界各国で認めてもらえるようになりました」

 

開発の過程では、地雷原にも足を踏み入れなければならず、まさに命がけのプロジェクトとなった

 

地雷除去から生活の復興へ

 

日建の地雷除去機は、油圧ショベル先端部分にアタッチメントを取り付け、カッターによって地雷を爆破・粉砕する。同時に、最後部は農機具の鋤(すき)のような形状になっており、その部分で除去後の土地を耕す。

 

地雷除去機には、農機具の鋤(すき)のような器具が付けられており、除去後に土地を耕す。

 

日建は種子や肥料を提供し、育て方の指導も行う。すでに米やコーヒー、オレンジなどが栽培・収穫できるようになった場所もある。

 

日建の地雷除去機開発は、「生活を取り戻すこと」を命題に進められてきた。つまり、地雷除去と復興がセット。現地の人々が自立するための取り組みにも力を注ぐ。これが、日建の地雷除去が国際的に異彩を放つ理由だろう。

 

「最初にプロジエクトを立ち上げたときから、ボランティアでやっているという意識ではありませんでした。事業として成立させることを目指したのです。それは地雷の被害を根絶するためにも、きちんと会社として継続していくためにも重要です」

 

製造を始めて最初の数年間は赤字を続けていたが、現在では適正な収益を見込めるまでになったという。

 

同時に、導入された各国でも成果が表れている。

 

「バッタンバン州では地雷原が復興でき、州知事から『地雷を除去して耕した農地で米を収穫し、初めて輸出することができました。また6万人の命が救われました。ありがとう』と言われました。復興された大地で作物を育てることで、人々が生活できるようになったのです。人助けができていると実感し、何よりも嬉しかったですね。やっとここまできたという思いです」

 

カンボジアでは、地雷が取り除かれた土地にひまわりの種を植え、種から油を絞ることに成功した

 

すべては「人」があってこそ

 

世界に影響力のある日本人として、道徳や英語の教科書にも登場する雨宮氏。山梨県山梨市生まれであり、日建は南アルプス市に本社を置く。

 

雨宮氏に地元産業の課題について問うと、このような答えが返ってきた。

 

「知事が掲げる100万人創生。これは山梨県だけで100万人を目指すということではなく、観光を含めた人の往来を指してのこと。つまり“交流”を含めて100万人を目指すということです。そのためには、コミュニケーションが大切。コミュニケーションを活性化するためには、人と人との結びつき、人と場所とをつなげることが大切です。人があっての復興や地域活性。私の座右の銘は、『技術者はものづくりの挑戦者であり、技術の根源は人づくり、ものづくりにあり』。人をつくらずして、ものはつくれずと考えています」

 

覚悟を決めて向き合っていれば、その後ろ姿を見て周囲が支えてくれる。若手も参加した対人地雷除去機のプロジェクトは、人づくりの挑戦でもあった。

 

「世界中で人々が平和に暮らせるように」と雨宮氏。“人のため”から始まったプロジェクトが、会社を育て、日本をアピールし、今後も世界中で人々の生活をつくり続けていく。

 

https://youtu.be/eYFuWGEOurY

 

事業構想

https://www.projectdesign.jp/201607/pn-yamanashi/003025.php

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...