保温ポット

保温ポット

サーモス株式会社(旧日本酸素)のスタッフが以前電車に乗っていると、水筒を床に落ちしてしまい、泣いている子供がいました。

 

当時の魔法瓶の内部はガラス製でしたが、それを見て割れない魔法瓶を作れるとそのスタッフは思いました。

 

日本酸素の専門は、工業用ガスの輸送ですが、その技術を使えばできると考えたのでした。

 

サーモス(THERMOS)とはギリシャ語で熱を意味する言葉です。サーモスの歴史をさかのぼると100年前のドイツに行き着きます。

 

1880年代にドイツの物理学者ヴァインホルトが、多重の真空容器を発想したのが最初です。

 

イギリスの科学者ジェームス・デゥワーが、これをもとにガラス製の真空ボトルを考案します。

 

これが現在の魔法瓶の原型であり、「デゥワー瓶」と呼ばれています。

 

1904年にドイツのラインホルド・バーガー氏が、世界で初めてのガラス製魔法びんを製品化しブランド名を「サーモス」と名付け以来、この魔法びんは冒険家たちの数々のエピソードとともに世界中に普及し「THERMOS=魔法びん」と言われるほどになりました。

 

その後、世界初の商品を数々と生み出し1978年には軽くて割れない高真空ステンレス魔法びんを完成し、1988年には超軽量で強靭なチタン製魔法びんを開発し発売させました。

 

日本酸素が、世界で初めて高真空ステンレス製魔法びんを開発し、1989年にイギリス、アメリカ、カナダのサーモス各社が傘下に入り、日本酸素は世界最大の魔法びんメーカーに発展しTHERMOSブランドを全面的に使用するようになりました。

 

この画期的な製品は壊れやすかったガラス製の魔法瓶に代わって、飛躍的にその使用範囲を広げていったのです。

 

サーモス株式会社は、2001年に日本酸素株式会社(現大陽日酸株式会社)サーモス事業本部と株式会社日酸サーモが統合して発足しました。

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...