伊能忠敬の日本地図

1800年から1816年まで、17年をかけて日本全国を歩いて測量し、日本の地図を完成。

 

商売で成功した後に49歳で隠居して、当時の平均寿命を超える高齢50歳の時にまだ31歳だった天文現象に詳しい高橋至時に弟子入りをした。

 

弟子入りした理由は、昔の中国の暦『授時暦』が実際の天文現象と合わないことに気づいた伊能忠敬がその理由を江戸の学者たちに質問したが、誰も答えられず、唯一回答できたのが高橋至時だったからと言われている。

 

伊能忠敬は、「推歩(暦学)先生」というあだ名が付くほど寝る間を惜しんで天体観測や測量の勉強をし、幕府の天文台にも見劣りしないほどの観測機器を取り揃えて研究した。

 

出来上がった地図は、今日のGPSによる地図にひけを取らないほど正確で、ヨーロッパで高い評価を受けた。

Wikipedia

 

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...