ロボット

車の製造に欠かせないものに産業用ロボットがありますが、世界の産業用ロボットの約5割が日本製と言われていますが、輸出額では2位のドイツ7億ドルを大きく引き離して日本が20億ドルで世界一です(稼働台数は中国が1番)。

 

ロボティクスの変革は今まで、新たなテクノロジーと革新的な発明を推進する、一見して穏やかなリーダーによるものだった。このリーダーは、我々が今日見る進歩に寄与するようここ数十年にわたり、ロボティクス産業の要として活躍してきた。そのリーダーとは?日本である。

 

この島国は、ロボティクスハードウェアの革新における、新しい時代への寄与に必須のAI、機械学習、そしてマシンビジョン技術における進歩を牽引している。このことを視野に入れて見直してみると、日本の産業ロボットメーカーは2017年に供給されたロボットの50%以上の製造を手掛けている。

 

これは2016年から39%増加している!

 

また、日本は2017年、ワーキングユニットのロボット搭載数が297,200個で、これは世界で二番目に位置づけられる。この発展は、日本のトップ企業の名前を含む土台の上に成り立っている。例えば、三菱、デンソー、ダイヘン、エプソン、ファナック、カワサキ、とリストは続く。

 

同時に、日本は世界を牽引するスタートアップとテクノロジーエコシステムで地位を築き続け、投資金は日本のIT業界に流れ続けている。2016年、日本のベンチャー企業は3つのカギとなる領域に注目し、前年と比較して、ロボティクスは329%、人工知能(AI)は246%、そしてモノのインターネット(IoT)は184%増加した。これは安倍晋三首相が近年目標として掲げていた、2023年までの20のユニコーン企業の設立と並行するものである。

 

これらのユニコーン企業の中に、ロボティクスのスタートアップが含まれている可能性は大いにある。シェフマシーンから、認知症治療ロボット、パーソナルアシスタント、適応知能マシン、そして、AIベースの産業的驚異に至るまで、以下に挙げるのは我々の生活、仕事、機能の様式を変える、日本で最も成功した(または前途有望で独特の)スタートアップのうちの10社である。

 

FROM OKINAWA

https://from-okinawa.org/robotic-japan-top/

 

 

世界シェアを占有する「4強」メーカー

ABB:世界100カ国以上に進出する多国籍企業

ファナック:コロナ禍でも増益を達成、NC装置世界最大手企業

安川電機:自動車関連市場を中心にシェアを獲得

KUKA:幅広い分野におけるIoTを推進

 

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...