ラジオ

世界を変えた「1955年のソニー製品」

 

1950年代、日本製の電子機器は「安っぽい二流品」というイメージを持たれていた。そのイメージを払拭したのが、東京通信工業株式会社(現ソニー)が作った携帯型トランジスタラジオ『TR-55』だ。

 

冷戦が始まったばかりで、「共産主義者をやっつけること」とホームドラマ『Leave It to Beaver』を見ることに米国の人々が快感を覚えていた時代、日本製の電子機器は、米国製やヨーロッパ製の製品と比べるとかなり見劣りする、安っぽい二流品というレッテルを貼られていた。

 

だが、1954年になって状況は変わり始める。

 

その年、東京通信工業株式会社(東通工)が、日本でトランジスタラジオを製造するために、トランジスタの特許を持っていた米ベル研究所およびその親会社である米Western Electric社とライセンス契約を結んだのだ。

 

東通工とは、ウォークマンや、高価なテレビを発明するようになる以前のソニーのことだ。[ソニーの前身である東通工は1946年設立。はじめは真空電圧計などを設計していたが、1950年、日本で初めてテープレコーダーを製作、販売していた東通工には、それまでラジオを製造した経験がなかった。

 

最初は何事も遅々として進まず、1号機完成までは、辛く苦しい試行錯誤の繰り返しだった。発振コイルとトランジスタの間で、幾つもの問題が発生した。

 

[当時のトランジスタは温度特性が悪く、またラジオの放送周波数帯で増幅器に用いるには特性が不安定であったため、真空管を代替することはできないと見られており、商業用の製品としては補聴器が実用化されていた程度だった。

 

設立後6年、資本金1億円に満たない小さな会社だった東通工が様々な苦難を乗り越えて特許を取得し、トランジスタ製品開発に成功していった歴史について詳説するサイトはこちら]

東通工の技術者チームは、最後には問題をすべて解決し、小型で簡単に持ち運びができるラジオを作りあげた。

 

東通工が特許を申請してから1年も経たないうちに、『TR-55』の生産ラインが凄まじい勢いで動き始めたのだ。

 

[世界初のトランジスタラジオは、1954年10月に米リージェンシー社が発売したもので、米テキサス・インスツルメンツ社製の4石トランジスタを使っていた。世界初を目指していた東通工は落胆したが、その後1955年に、自社製造による複合型トランジスタ5石を使ったTR-52の販売を計画。

 

しかしTR-52のキャビネット格子(プラスチック製)が夏季の気温上昇により、出荷寸前になって反り返るトラブルが発生したため発売中止となった。その後改めてTR-55を開発し、8月に市販開始。これが日本初のトランジスタ携帯ラジオとなった]

 

新しい社名『ソニー』のブランドをつけて販売されたTR-55は、5個のトランジスタを使い、複数のAMラジオのチャンネルを受信した。同製品は電池式で、どこにでも簡単に持ち運べるようにデザインされていた。TR-55のカタログにはこう書かれていた。

 

「ラジオはもはや、電源コード付きの時代ではありません。ご家庭のラジオもすべてTRとなるべきです。皆様のお好みの場所に、TRはお供することができます」

WATCH

 

 

過去の日本製電子機器と違っていたところはこれだけではなかった。TR-55は、安価で役に立ち、何よりも、信頼できる製品だった。

 

これよって日本製電子機器のイメージは変わった。TR-55は日本国内でしか販売されなかったが、ソニーという企業がTR-55で電子機器市場でホームランを放ったという評判は、世界中に広まった。そして、1958年までに、ソニーの新モデルのトランジスタラジオは世界中で売られるようになった。

 

[本格的に輸出されたのは1957年の『TR-63』。当時世界で一番小さなラジオとして「ポケッタブル・ラジオ」という和製英語のキャッチフレーズが付けられ宣伝されたが、これが英語として受け入れられるほど大成功を遂げた。

 

続いて1958年には『TR-610』が、斬新なデザインと性能の優秀さで人気をよび、1960年までの2年間で、日本を含む全世界に50万台が販売された]

 

TR-55は、われわれが現在使用しているほとんどすべてのポータプル機器のテンプレート(ひな型)になっている。『iPod』から『ゲームボーイ』まで、どんなハンドヘルド機であれ、設計の基本を遡っていくと、TR-55のフォームファクターにたどり着くことができる。

 

それ以上に重要なのは、トランジスタの使用が電子工学のあらゆる分野に普及し、それが液晶テレビやスマートフォン、ネットブックなど――つまり、ソニーが現在作っている全てのもの――の開発へとつながっていったことだ。

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...