ボールベアリング

世界シェアトップ(60%) ミニベアリング(外径22mm以下)。

 

ミネベアミツミ株式会社(以下ミネベアミツミ)は、2017年ミツミ電機を子会社化および経営統合し「ミネベアミツミ株式会社」(旧ミネベア株式会社から)商号変更した会社である。

 

同社は、ベアリングを中心に、ベアリングを使用したアッセンブリー製品、ボルト・ナットなどの締結部品、防衛関連特殊機器、電磁クラッチ・電磁ブレーキ、パソコンなどのファンモーターおよびユニット、ステッピングモーター、DCモーター、ブラシレスモーター、スキャナーモーター、HDDスピンドルモーター、回転角センサー、スマホなどのバックライト・フロントライト、ひずみゲージ、圧力計、トルク変換機、ベクトルセンサー、引張圧縮試験機など様々な製品を製造している。(子会社含む)

 

主要取引先は、家電メーカー 、 OA機器メーカー 、 自動車メーカー 、 情報通信機器メーカー 、 家電モーターメーカー などである。

 

外径22mm以下のベアリング、いわゆる小径(ミニ)ベアリングにおいて世界シェアトップ(60%)を誇る。

 

このサイズのベアリングは、情報通信機器や家電製品、自動車の制御モーターなど幅広い分野で多く使われている。

 

そのため同社の外径22㎜以下のベアリングは、詳細仕様まで含めると8500種類以上あるという。

 

HDDのディスクを回すスピンドルモーターにも採用され、1分間に5000回転以上で10000時間(あくまで一般的なディスクの寿命)回っていることを考えれば、その信頼性が良く分かるだろう。

 

この信頼性は、同社がボールベアリングの部品である外輪、内輪、ボール、リテイナー、シールド、スナップリングをすべて内製している上、潤滑油も自社開発したものを使っているからだろう。

 

また、内製することによって安定した品質、供給力、納期スピード、製造コストで提供できるというメリットもある。

 

ハンドスピナーでギネス記録達成

ミネベアミツミは、ハンドスピナーでギネス記録を2つ達成した。

 

世界シェアトップのミネベアミツミがハンドスピナーにて、ギネス2つ取得 。

 

「Real Spin Ms’」は、「一本の指の上でハンドスピナーを回す最長時間」というギネスを達成したベアリングである。

 

回転時間は、24分46.34秒。

このベアリングは、製造がミネベアミツミ、組立て設計が、人工衛星などの部品などを製造している、三菱プレシジョンが行った。

 

ベアリングには接触抵抗の少ないセラミックを使い、フレームには、A7000系という、アルミ合金の中で最も強度が高いものを使用し薄型化・軽量化を行った。

 

デザインは、滑らかに、そして長く回り続けるために、角運動量最大化やベアリングロストルク低減など、宇宙機器設計・製造で培ったノウハウを投入。

 

組立ては、徹底洗浄したのち、0.5ミクロン以上の微粒子が100個以下というクリーンルームを使い組立て。その結果ギネスを達成した。

 

世界最小ハンドスピナーの外径は5.06㎜、使用したベアリングは、世界最小の量産可能なボールベアリングとしてギネス世界記録に認定されている外径1.5㎜のボールベアリングだ。

 

世界最小ハンドスピナーは、開発期間は2か月、人員は8名程度で開発した。

 

ギネス認定条件である「最低2秒回す」というガイドラインがあったが最初は全然回らなく、持ち手とベアリングのクリアランス(ゆるくても、きつくてもダメ)や精密さ、組立てを改良することで7~8秒(台座使用)程度(動画より計測)回るようになった。

 

この二つのギネス認定で、ミネベアミツミは、計3つのギネスを取得した。

 

日本の技術と世界シェア・国内シェア

https://share.j-treasure.com/minebeamitumi-bearingu/

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...