ホイッスル

社員5名の「世界に認められた下町の工場」日本のホイッスルメーカー、野田鶴声社。

 

第二次世界大戦後、息子の野田員弘(のだ かずひろ)が2代目社長に就任。ガスライターの研磨・ハンダ付け・メッキ加工の作業と重なることから、ホイッスルの生産に取りかかる[1]。

 

アメリカの学校などへ35万個を6年間輸出したが、円高により安価な海外製品が出回ったため、ヨーロッパに活路を求める。スポーツの審判が吹くホイッスルの生産に着手し、以後世界45カ国へ累計1500万個を輸出した。

 

真鍮4層構造、真球コルクボール入りのホイッスルは、広いスタジアムでもよく響き、音の強弱が付けられる[3]。

 

サッカーのFIFAワールドカップで1982年スペイン大会・1986年メキシコ大会で公式ホイッスルに採用された実績があるほか、NATO軍やフランス国家警察などで採用されるなど海外に多くの納入実績がある。

 

1990年代に日本でサッカーブームが起きると海外での評価を逆輸入する形で紹介され、1993年に日本サッカー審判協会の推奨品に認定。

 

1998年ワールドカップ・フランス大会では、唯一の日本人審判である岡田正義が使用した。アディダスやPUMAのOEM生産ほか、ラグビー、バレーボール、水泳用などのバリエーションがある。

 

社員5名の「世界に認められた下町の工場」として知られたが、技術的な継承が難しいことから、野田員弘社長の代で会社を畳むとしていた[1]。野田社長の死去を機に、2015年に廃業した[2]。

 

2015年の廃業後に、完成品と半製品の全ての在庫を株式会社サンファスニングシステムズ (SFS) に引き継ぎ、同社がメルカリで野田鶴声社のホイッスルを販売継続している。

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...