ヘルメット

ヘルメットと聞けばまず多くの人が思い浮かべるのは「ショウエイ(SHOEI)」と「アライ(Arai)」ではないでしょうか。それもそのはず、実はこの2つの企業だけで世界のヘルメット市場の9割を占めています。

 

世界トップシェアは「ショウエイ」の6割、そして「アライ」の3割、その次にドイツのシューベルト社が続きます。日本の2大メーカーは、どのような歴史を歩んできたのでしょうか?

 

 まずは、世界トップシェアを誇る「ショウエイ」。その歴史が始まったのは1959(昭和34)年の東京で一般用ヘルメット、いわゆる安全帽の製造からスタートしました。

 

 そして、二輪用ヘルメットの製造をスタートしたのが1960(昭和35)年から。設備の改良や生産の強化を続け、1963(昭和38)年に最初のレース用ヘルメットとなる「SR-1」を開発します。

 

「ショウエイ」のヘルメットといえば、各国のトップライダーが契約しているブランドでもあります。1980年代、世界最高峰のロードレース「WGP500」で4回チャンピオンに輝いた伝説のライダー、エディ・ローソンもそのひとり。

 

最近では、MotoGPクラスに参戦しているマルク・マルケスとアレックス・マルケスの“マルケス兄弟”が、ショウエイとの契約を2024年まで行うことを発表しました。

 

 そんな「ショウエイ」の特徴のひとつに、「パーソナルフィッティングシステムサービス」があります。ヘルメット購入時、その人にジャストフィットさせるべく、頭部のサイズを計測し、さらに専用パッドで内装も調整してくれるというサービスです。

 

 これまでは無料で行われてきましたが、2021年10月から順次有料化されています。ショウエイは、サービスの認知度向上と利用数増加による各店舗の負担を考慮し判断したといいます。ちょっと残念ですが、ライダーにとって嬉しいサービスが続いてくれるのはありがたいところです。

 

乗り物ニュース

https://trafficnews.jp/post/113191

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...