ビーチサンダル

ビーチサンダルの意外な事実。アメリカの西海岸やハワイでは、一年中を通してビーチサンダルで生活している人たちがいます。

 

そのビーチサンダルはアメリカ人工業デザイナーのレイ・パスティンが日本の草履の鼻緒文化に触発されて考案し、兵庫県の内外ゴムで開発してアメリカに輸出されました。

 

同社の水を吸わないゴム「独立気泡スポンジゴム」を用いて1952年に現在のビーチサンダルの原型ができました。

 

現在も、南太平洋を中心に年間20万足も輸出されています。

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...