トンネル

大成建設の海底トンネル技術

トルコのイスタンブールをヨーロッパ側とアジア側を分けるボスポラス海峡。そこはそれまで2本の自動車用の橋とフェリーで結ばれていましたが、交通渋滞がひどくて、橋を渡るのに1時間もかかっていました。

 

そこでトルコでは150年も前から海底トンネルの開発の話しがありました。ですが海底の水深は60メートルで、今まで存在する世界最深の海底トンネルよりも19メートル深く、潮の流れが急で場所によって変化もあり、今まで実現に及びませんでした。

 

それを実現させたのが大成建設で、2004年に着工して2013年に完成させました。震度7,5度の地震にも耐えるトンネル内では地下鉄も走り、フェリーでも30分かかるところを4分で通過できるようになりました。

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...