第1回目 2015年3月15日(日)

画像をクリックすると拡大されます。

第1回目の掃除場所として、市から提案のあったオーバーカッセルのお寺の周りのお掃除を3月15日(日) に行いました。9人の方々がご参加下さり、前もって市と相談していたためか、情報を聞きつけた新聞社が3社ほど取材に来られました。

 

ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございます!

 

詳しい掃除の場所は、市から2つ提案のあった内の1つ、オーバーカッセルのお寺の通り Brüggenerstr. 周りの緑地と、Schorlemerstr.、そしてSchorlemerstr. に隣接する緑地のゴミ拾いを行いました。

 

基本的にドイツは町の掃除が行き届いているために、一見すると 「一体どこを掃除するの?」 という感じもしましたが、それでも気をつけて良く見ると落ちているゴミもあり、それらを1.5時間ほど拾い集めて市が指定したポイントにまとめて置きました。

 

ゴミの内容は、紙くず、プラスチックくず、セロハンゴミ、置物等でした。大き目のゴミ袋が半分一杯になった程度集まりました。

 

次のお掃除は4月19日(日)です。雨天決行ですので、雨天の場合はカッパをご利用下さい。

第2回目のお掃除は、市から2つ提案のあった残りのひとつ、Dominikus Krankehhaus (オーバーカッセルのやや上流にある病院) 周りのライン川沿いになります。病院からほぼ横に一列に並び、下流であるデュッセルドルフ方面に向かってKniebruecke辺りまでのゴミ拾いを行う予定です。

 

4月19日(日) 10:00

Dominikus Krankenhaus (Am Heerdter Krankenhaus 2)

病院前に集まってからスタートします。

 

ゴミ等で手を切るなどして破傷風などの菌をもらわないように、是非手袋を使用してください。

ゴミ袋は用意されています。

 

 

 

左上の記事和訳:

 

片付けはスポーツのようなもの

 
Eiichiro Kawasaki は、各自本人のためと街の美のために何か行うことに誘っています。
 
既に今まで何回犬の糞を踏んでしまったかを彼はもう覚えていません。そして何年も前から緑地のゴミと汚れは気になっていたそうです。だから今、日本の伝統をデュッセルドルフに導入したいそうです。
 
共同の大きな純化活動です。"それはまるでスポーツのよう - 身体、魂、精神をフィットに保つ" と、彼は説明します。
 
その活動は昨日始まり、彼の小さなグループがニーダーカッセルの日本のお寺の周りのゴミを集めました。彼はドイツに35年ほど住み、ドイツを故郷のように感じていると同時に、自分の文化を伝えて生活し続けたいそうです。
 
「日本では掃除会社という存在を知らない(記者の誤解)。学校での掃除と片付けは生徒の役割」 それはまるで学校の教科のひとつのように、仲間意識にも良いものをもたらします。
 
彼の5人の企業でも同じようなことをしています。責任者として、仕事の終わりに掃除機と雑巾を手に取ります。「それは社の雰囲気を変えて、共同意識を高めます」 さらなるその長所は: 片付けによって全身を使います。
 
事務仕事で座りっぱなしの人には特に大事なことです。同じ理由から彼は、さらなる日本の伝統を職場で行っています。午前と午後の職場でのラジオ体操です。彼にとってはフリータイムでも身体を動かすことは大事で、ジョッギングをし、車に乗る代わりになるべく歩くようにしています。
 
彼は健康に関するサイトなど、いくつかのインターネットサイトを運営し、もっとも力を入れているのが、日本人向けのサイトです。デュッセルドルフでの日常生活一般でのアドバイスをしています。なぜなら彼自身がドイツに来たばかりの頃を良く思い出せるからだそうです。
 
「デュッセルドルフに来た時、多くのことが故郷とは違いました。何よりもまず規則、そして官僚的なこと、さらには日々の生活態度です」 例えば日本では日曜日や夜間にも修理などでドリルを手にします。それはここドイツででは望まれたことではありません。
 
他の日本人に対して、そのような習慣の違いに慣れやすいアドバイスを出したり、質問に答えたり、デュッセルドルフのレストランを紹介したりしています。そのサイトは1日2千のアクセスがあるそうです。
 
それらの活動以外にも十分に自分のフリータイムも持ち、家族と一緒に過ごしたり、友人と会ったりしています。 "ドイツでは人がリラックスしてたくさんの緑に囲まれています 。私はそれを堪能しています。 - そしてそれがきれいであればなおさら…"
 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス対策 (Sun, 19 Apr 2020)
ドイツ、NRW州の自営業者(1人)〜社員数25人まで〜50人までの組織へのコロナ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け (Sun, 19 Apr 2020)
モタモタしている日本と違い、ドイツの自営業者〜零細〜中小企業向けの支援策の決定、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか? (Sat, 11 Apr 2020)
さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

天の貯金 – ポーランド人のおばちゃんが言った、「誰かが上の方で見ているわよ!」 (Wed, 01 Apr 2020)
デュッセルドルフの駅前で掃除をしている時によく声をかけられます。 そのほとんどが… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ、NRW州での社員数50人までの法人へのコロナウィルス経済救援措置とは… (Sun, 29 Mar 2020)
世の中がとんでもないことになっています。 NRW州では早速個人経営〜中小企業(社… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の「無敵」の意味 – ナンバーワンではなくて、オンリーワン (Sat, 28 Mar 2020)
無敵と聞くと普通、向かう所、敵なしの「最強」というイメージがあります。 でも読ん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

まずはやってみることの大切さ… (Wed, 25 Mar 2020)
一歩踏み出すと、踏み出す前には見えなかったものが見えてきます。 簡単な例でスポー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

国会議員に必要なのは地頭の良さでは? (Wed, 18 Mar 2020)
つい最近知ったばかりの単語… 「地頭」 東大出とか、とんでもなく頭が良い(はずな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? その2 (Sun, 15 Mar 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「本当の頭の良さとは?」という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? (Wed, 11 Mar 2020)
「地頭」という新しい単語?を知りました。 お客様の1人からつい最近に知った言葉で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気を遣った方が良い表現は「少々お待ち下さい」➡︎ 「はい、只今」だけではありません。 (Sat, 07 Mar 2020)
遠慮します。 遠慮致します。 遠慮させていただきます。 お断りします。 お断り致… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうしても気になってしまう、ドイツ人(だけ?)の無神経さ (Sat, 22 Feb 2020)
というのは、ドイツに限らずどこでもあるのだろうと思います。 例えばこの例。 ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の左翼右翼の現状? (Wed, 05 Feb 2020)
最近現地法人設立をお手伝いさせていただいた人から日本のことをどうやって知るかと聞… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安かろう、悪かろう、がこのまま続いて大丈夫? (Sat, 25 Jan 2020)
あらゆる物の製造が人件費の安い国々に移り、物の値段が嘘のように安くなりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし… (Wed, 22 Jan 2020)
昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」2020年1月号、小中高の学力日本一、秋田県と東成瀬村 (Sat, 18 Jan 2020)
秋田県は、平成19年から文部科学省が実施している全国学力テストでずっとトップクラ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い (Sun, 12 Jan 2020)
99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...