番外編 2015年3月21日(土)

写真は市のDreck-weg-Tag のサイトから

2015年3月21日(土) は、Dreck-weg-Tag という、Pro Duesseldorf というNPO団体が主催して市が応援する一年に一度の町の大掃除の日でした。

 

「ドイツを美しくする会」 からも4人が参加して、町の中心部にある Hohenzollernstr. と、その通りに面する公園のゴミ拾いを1時間ほど行いました。

 

ドイツは町の掃除が行き届いているので、一見すると 「どこにゴミがあるの?」 という印象を受けましたが、良く見てみるとタバコの吸殻が結構落ちていて、木が植えてある緑地には小さなバッテリー、注射器、避妊用具なども隠れるように捨ててあり、それらを拾い集めて大き目のゴミ袋が1/3 ほど一杯になり、市に申請してあったポイントに置いて終わりました。

 

作業後に丁度お昼となったため、4人で 「匠」 に美味しいラーメンを食べに行きました。

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...